腰痛予防の対策と施術

cover4.jpg

あなたは腰痛とどうつきあいますか

painman2s.png

腰痛にも種類があります

現代病とも言われている腰痛ですが腰痛には二種類。

まず一つ目は椎間板ヘルニアなど腰椎に影響をあたえるものでこれは癌である可能性も否定できないので注意が必要です。
椎間板とは背骨の椎骨と椎骨の間でクッションの役割をするものです。

二つ目として腰の周囲にある胃などの消化器系の臓器の病気と腎炎や腎盂炎などの泌尿器科系の病気、子宮筋腫などの産婦人科系の病気などが原因であるものです。

しかしながら腰痛の原因がはっきりとわかるケースはなんと15%でそのほかは原因がつかめません。なぜならうつ病や社会的、対人的ストレスなどの精神的な要素もその原因とされることがあるからです。

腰の痛みは個人によって千差万別なのですが腰痛のわかりやすい原因としては姿勢です。ただし姿勢は個々人によってちがうので決定的なものではありません。

分かりやすい例としては日常生活をしていて気がつかないうちに前のめりの姿勢でいることが多かったり、座る時に脚を組む事が多い、または長い時間同じ姿勢でいることが多いまたは立ちっぱなしや座りっぱなしでいることが多い、重い荷物などをもつ仕事、肥満であったりメタボでお腹が出ている、就寝時に腰が沈むような寝具を使っているなどの要素が考えられます。

ではその痛みですがこれも個人によって違いがありその痛みの強さの強弱や種類も個人差がありよく言われるのはじんじんと痛む疼痛的なものや刺されるようなもの、にぶい痛みつまり鈍痛、ちくちくとするような痛み、シビれるような痛みなどです。

そして痛む部分も人それぞれで骨であったり筋肉であったりしてその部位によっても変化し、痛みが発生する時間や回数、時間帯もさまざまです。さらに腰痛によってひきおこされる症状もあり発熱や下半身の痛みやしびれ、お尻の大臀筋の痛みそして精神的なうつ状態です。


腰痛の予防としては

腰痛の原因が特定できるのであれば身体的なほかの部位が痛みのもとの疾患を治療することが先決です。しかしながら原因不明の場合は外科的な手術はおこなわず非観血的な方法がとられます。例でいえば主には湿布薬の塗布、低周波による療法、温熱療法、コルセット着用など装具を使用した治療方法です。

またぎっくり腰では安静にしていることであったりヘルニアなどの外科的な対応が必要であれば薬物を使用するケースもあります。痛みの程度がつよく日常生活にも支障があるケースではブロック注射等の痛み止めのための「局部麻酔薬」や「抗炎症剤」を注入しますがまずは生命に関わるような疾患を見つける事が大切でしかも優先事項なのでMRI等画像診断や超音波エコーによる検査、問診、血液検査、尿検査、内診などで精査することが重要です。

treatment6.jpg

腰痛に対する予防としてはストレッチや痛みが出ない程度の軽い運動で筋肉を鍛えるまたは腰のあたりの筋肉を柔軟にするなどまた痛みを軽減するために湿布やコルセット着用、腹式呼吸の実施で腹筋を鍛えたり正しい姿勢をとることが実行されます。また精神的な抑圧が原因の場合ではそのストレスの解消や生活のパターンを変えるなどの方法もとられます。

整骨院や接骨院または鍼灸整骨院でアドバイスを受けるのも一つの方法ですがマッサージでの治療法は腰痛によっては効果がないばかりか禁忌的な腰痛もあるので院の柔道整復師によく相談してから実行するようにします。

※ 柔道整復師とは国家試験を受けて合格するとその資格を得ることができ厚生労働省の認可のもと臨床研修を受けた後「整骨院」や「接骨院」を開業でき、さらに病院や整骨院や接骨院での勤務が可能となります。
あん摩、マッサージ、指圧師とも国家資格が必要ですが厳密には一線を画すことになります。したがって民間資格である「整体」と「カイロプラクティック」とは明確な違いがあります。

man9.jpg

腰痛の解消のためには

腰痛はストレス社会にあって日本国内のみならず海外でもありふれた病気の一つでもあります。この現代病とも言われている腰痛ですがその原因はさまざま。

ではこのやっかいな腰痛の原因ですが主に急性のものと慢性のものがあります。急性腰痛症は突然の動作や不自然な腰のひねり動作によるものが多くいわゆるぎっくり腰とよばれるもの。慢性的な腰痛は日頃の生活習慣のなかで姿勢が不自然な姿勢による腰の筋肉の疲労が原因のことが多いようですが軽度のものであればその痛み方も強くなったり弱くなったりします。

人にもよりますが腰椎のあたりの筋肉組織の力が弱かったり、正しい姿勢をとらなかったり脚を組むことが多いことや不自然な動作で腰椎周辺の筋肉組織に加重な負担がかかることも原因の一つです。

では腰痛症はどのように判断されるのでしょう。一時的な腰痛とはちがい慢性的であっても急性であってもその判断は必要です。そこでまずは問診による診察の所見からはじまりエックス線検査での画像による診断とそのほかに特筆すべき疾患が無いことや内臓疾患が原因でないことが判明した段階で腰痛症という診断になります。

急性の腰椎症は安静にすることや適切な投薬により普通では数日で快癒することがありますが慢性的な腰痛では日常生活での動作やクセの見直しと改善、さらに腰痛体操が実施され実行することで症状の緩和がのぞめますが適宜非ステロイド系の消炎鎮痛剤が投与されるケースもあります。

後で述べますが腰痛症であることが確認されたら対処法としてまずは無理な姿勢であったり同じ姿勢をくり返したり持続したりすることから来る腰椎への負担を軽減することや体重を減らすことや腰背筋、腹筋などの筋力トレーニングを積極的、効果的に実施します。しかし軽い腰痛と侮っていると別の重い疾患の初期段階である可能性も排除できないので整形外科や整骨院、接骨院で適切な診断やアドバイスを受けることが重要です。

では腰痛症の予防と対策についてですがまず第一に日常で気をつける事としては重いものをもちあげたりする時にはそのものをなるべく自分の体に引きつけることで腰や背中にかかる負担を小さくします。
座り姿勢では椅子に座るときには腰椎の前彎を減らすために腰の高さがお尻の高さよりやや高くなるようにし膝を組んで座ります。立ち仕事などの場合には腰椎の前彎を防ぐためと筋肉組織の疲労軽減のために台などを使い腰の骨盤をなるべく水平に保つようにすることで腰の筋肉組織の疲労を少なく出来また同じ姿勢をとることを避けます。

腰痛症予防の第二として腰痛体操がありますが痛みがひどい場合は控えます。腰痛体操には4つのやり方がありますがその目的としては姿勢の改善や腹筋や背筋の強化や軟部組織の柔軟性を得ることです。腰痛体操にかんしては整形外科や整骨院、接骨院または鍼灸整骨院で指導やアドバイスを受けてから実行するとより効果的です。

整骨院や接骨院は身近にありしかも総合病院のなどの整形外科とは違いがあります。その違いとは「整骨院」や「接骨院」は手術をしない非観血的療法といって骨や関節、筋、腱、靭帯に起るところの急性や緩性の原因で惹起される骨折、捻挫、打撲、挫傷などの損傷に対して整復や固定をして人間本来もっているホメオパシス(治癒能力)を高める治療をし、そしてまた社会的な役割も違います。では柔道整復師の社会的な役割とはどのようなものなのでしょう。

柔道整復師は経験と知識を活かして地元と密着して医療に関わり地域住民の健康維持で講演会を開き啓蒙活動や介護現場での機能訓練指導、さらには防災訓練活動も行なっています。2011年3月の東日本大震災では被災地でのボランティア活動も展開しました。

さらに高齢化社会に向かって身近に利用できる整骨院や接骨院のニーズは年々たかまりそれに答えるかたちでその数も年々増加の一途をたどっています。ちなみに平成14年に25975カ所であったのが十年後の平成24年に42431カ所に。鍼およびマッサージを行なう施術所は平成14年に14008カ所が平成24年に23145カ所、あん摩、マッサージ、指圧、鍼、灸を行なう施術所は平成14年に32722が平成24年に37185カ所に増加しています。

また柔道整復師は若年層にたいする育成も盛んで柔道大会などで少年少女の都道府県対抗ブロック対抗で日整全国柔道大会や日整全国形競技会を開催するなど柔道を通じた青少年の健全育成も推進しています。

資料「日本柔道整復師会」より

treatment4.jpg

病院の整形外科との違いは「整骨院」や「接骨院」は手術をしない非観血的療法といって骨や関節、筋、腱、靭帯に起るところの急性や緩性の原因で惹起される骨折、捻挫、打撲、挫傷などの損傷に対して整復や固定をして人間本来もっているホメオパシス(治癒能力)を高める治療をします。

0_01_18.png話題